胃カメラについて考えること

今まで生きてきて何度か胃カメラというものを経験したことがあります。その経験から考えることや、良さを考えていきます。まず、胃カメラの良いところについてです。これはたくさんありますが、やはり体の大事な部分を直接見ることができるというところは本当に必要なところです。やはり、自分の臓器は自分で確認したいですし、自分の体のことについて知っておくことは本当に大切なことだと考えます。なので、とても便利なものだと考えています。次に胃カメラについて自分が考えることです。これもたくさんありますが、やはり痛いと感じる人がいますが、最近のものはほとんど痛みを感じないものが増えてきています。なので年に一度は必ず自分の健康状態を確認するために通っています。まだしたことがない人でも今まであまり通わなかった人にも良いものなのでお勧めします。

鼻から入れる胃カメラとは

胃カメラといえば、口から太いホースのようなカメラを入れて行うことをイメージする人は多いかもしれません。これを行うと思わず吐き出してしまう人も少なくありません。そのため、とてもマイナスのイメージを持っている人も多いでしょう。しかし最近では鼻から入れる胃カメラがあるのをご存知でしょうか。これは経鼻内視鏡検査とも言われている方法であります。細くて柔らかいチューブを入れるため、体にかかる負担が少なくなるため、定期的に検診を受けるのが苦痛にならないといったメリットがあります。やはり食道や胃に関する病気は、早期発見がとても重要となります。早期に病気を発見することが出来れば完治することも可能です。そのためには的生き健診は欠かすことが出来ません。そのため今では体への負担がとても軽い、経鼻内視鏡検査が注目を集めています。

鼻から入れる胃カメラの特徴

最近では鼻から入れる胃カメラが注目を集めています。これを経鼻内視鏡と呼ぶことがあります。経鼻内視鏡にはどのような特徴があるのでしょうか。従来の口から入れる方法では、咽頭反射が起きやすくどうしても「オエッ」となってしまうことがありました。しかし経鼻内視鏡では、咽頭反射が起きにくいため吐き気を感じることなく検査を受けることが可能となります。また口からカメラを入れると、話をすることが出来ませんでした。しかし経鼻内視鏡では鼻から入れるので、口を塞ぐことがないため検査中に話をすることが可能です。そのため検査中に気になったことを医師に伝えることが出来るので、安心して検査を受けることが出来ます。更に経鼻内視鏡検査では、鼻からの出血を抑えるためにスプレーをかけて、また痛みを抑えるために局所麻酔を行います。しかしその量は少ないため、体への負担は少ないとされています。このように経鼻内視鏡は体に対する負担が少ないのが特徴です。