胃カメラの検査を受けてみましょう。

胃腸の不調を感じている人は、消化器系の病気に罹っている可能性があるため、病院で精密検査を受けたいという人が増えています。バリウムの検査は受けた経験があるけれど、もっと精度の高い検査を受けたいという人は、胃カメラによる検査を受ける必要があります。検査の当日は食事を抜いていくようにして、体を締め付けないゆったりとした衣類を着用する必要があります。恐怖心を減らすためにリラックスできる音楽を流している病院もあります。看護師が麻酔薬を持ってくるので、飲み込まないようにして、喉の奥に3分から5分程度服用するようにして下さい。カメラを入れる時に気分が悪くなる場合もありますが、高齢者は飲み込む力が弱いので、比較的楽に検査を受けられます。喉から入れるのが苦手な場合は、鼻から挿入してもらえる場合もあります。検査を受けることで、潰瘍や胃がんなどの病気を発見できます。

人生初の胃カメラは緊張

少し前に人生初の胃カメラを経験致しました。本当はとても嫌だったのですが、検査の為にやってみた方が良いと言われ、嫌々ながら検査を受けました。もちろん胃の検査なので、前日から食べ物の制限などはあります。食べ物に関しては、何も拘りなどは無いので、苦ではありませんでしたが、口からカメラを入れるのに抵抗がありました。当日は本当に緊張してしまい、病院に着いてからの記憶は曖昧です。ちなみに検査の時には寝てしまっていたようで、それこそ何も覚えておりません。少し喉に違和感を感じたような気がする程度です。寝てしまっていたので、なんとも言えない所がありますが、そんなに緊張する事は無かったなと、今では笑い話になっております。ちなみにポリープがあり、切除をしました。また定期的に胃カメラの検査をするつもりです。自分の健康のためなので、頑張ります。

胃カメラの検査をして良かった

少し前に胃カメラの検査をしました。健康診断とかではなく、原因不明の腹痛があったので、保険適用で検査ができました。直接的な原因は見つかりませんでしたが、割と大きめのポリープがありました。すぐに切除をしてもらいました。そのポリープも悪いものではなかったので、良かったです。ただし、一度出来た人は、簡単に出来やすい様なので、これからは定期的に胃カメラの検査を行おうかと考えております。自分のお腹の中は、どのようになっているのか分かりません。それが直接的に確認できるのが胃カメラです。とても信頼できる検査ですし、自覚症状がない人でも当然のようにポリープがあったりするので、とても大事な検査だと感じました。保険適用外となってしまうと、少しお金が高くなってしまいますが、自分の健康のための検査なので、ちゃんと受けたいなと考えております。