胃カメラ検査の凄さって

先月、胃カメラの検査をしました。触診やエコーなどでは腹痛の原因が分かりませんでした。その間は不安でした。そして、実際に胃の中を見てみましょうという事になりました。カメラを口から入れるなんて、とても恐ろしい事だと感じてしまいましたが、実際にやってみたら、そんなに苦痛でもなく、簡単に検査が終わりました。少し大きめのポリープがあったので、そのまま切除までしてもらいました。まさかカメラで見るだけだと考えていたので、切除など出来るとは知りませんでした。結局のところ、腹痛の原因は分かりませんでしたが、とにかく実際に見て診察をしてもらえるので、とても信頼度のある検査です。また、想像していたより楽な検査だったので、本当に良かったです。また定期的に受けるつもりなので、今度こそリラックスしながら検査を受けることが出来そうです。

定期的に胃カメラの検査

定期的に胃カメラの検査を行っております。30歳の頃からお腹の調子が良くありません。少しの痛みや、違和感などを感じます。それだけではなく、初めて胃カメラの検査をした時に、ポリープが発見されました。切除をしましたが、特に問題はありませんでした。その時に先生より、ポリープが出来やすい体質かもしれないと話されております。それから、定期的に胃カメラの検査をしております。今まで、三回の検査をして、全てポリープが見つかっております。このまま、何度も検査をしていくのは大変ですが、放っておく事も出来ないので、とりあえず頑張って通院をしていこうと考えております。検査自体は最初から痛みなどを感じずに楽に検査をしてもらえているので、その点での不満などは全くありません。もう3度も受けているので緊張もせずに検査ができます。

胃カメラは寝てしまった

以前から胃カメラの検査をするのが楽しみでした。実際に自分の中が、どのようになっているのかを見たいと考えていたからです。そして、ちょうどお腹の調子も悪かったので、胃カメラの検査をする事になりました。ワクワクしていたのですが、残念な事が起きました。リラックス出来るように鎮痛剤が投与され、それによって爆睡してしまいました。ここまで薬が効いてしまうのかと後からビックリしました。先生からも、薬が効きやすい体質なのでしょうと言われました。せっかく自分の中が確認できるチャンスでしたが、寝てしまうなんて残念です。また、近いうちに検査をしたいと考えているので、その時には眠らないように頑張りたいです。ちなみにポリープがあったので定期的に検査をした方が良いと言われました。お金はかかってしまい、何度も出来るものでは無いので、頑張って起きていたいです。