胃ガンは胃カメラ検診で早期発見しましょう

日本人には胃ガンが多いと言う事を知っていますか。ガンによる死亡原因の第一位は男性では肺ガン、女性は大腸ガンですが、罹患率で見た場合には胃ガンが男性では一位となっています。また日本人の胃ガンの罹患率は欧米の8~10倍とも言われており、胃ガンは日本人の国民病とも言える病です。なぜ日本人に胃ガンが多いのかは塩分の多い食生活や、井戸水に含まれるピロリ菌の影響などが言われていますが、はっきりとはわかっていません。しかし、日本人には胃ガンが多いという事を踏まえ、しっかりと検診を受け早期発見していく事が大切です。しかし胃ガンを発見する為の胃カメラ検診は苦痛が大きいので嫌がる人が多いようです。しかし最近では咽頭麻酔をおこなったり、口ではなく、鼻からカメラを挿入する事でより苦痛の少ない検査方法があります。しっかり検査を受け早期発見に努めましょう。

胃痛には胃カメラがお勧め

胃の病気を知りたいという場合には、胃カメラ検査がお勧めです。たいていのことは簡単に知ることができます。病気の早期発見にも繋がるので、効率的な検査方法でもあります。健康診断の項目の一つとして挙げられていることもありますが、簡単な健康診断という場合には含まれていないこともあります。人間ドックということで受ける場合には、たいてい含まれています。苦手な人も多いと言われている検査でもありますが、最近は随分と簡単にできるようになってきました。数十年前に一度受けてみて苦しかったという人は、最新の方法で受けられる病院を探してみるといいかもしれません。苦しくないように医療機器もかなり進化してきているからです。炎症を起こしていたり、腫瘍ができていたりした場合、このような病気も簡単に胃カメラで見つけることができて便利です。

胃カメラで健康チェック

胃カメラ体験は、どんなに心臓の強い人でもどきどきします。でも、意外と簡単にすみます。その日は絶食です。水だけは飲んで良いのですが、それもなかなか飲むきにはなりません。心臓病や緑内障、前立腺肥大の人は前もって申告しなければいけません。肩への麻酔注射はしない場合があります。胃カメラは口からと鼻からがあります。最近は鼻からが楽だというのでそちらを指定する人がいます。氷状の麻酔薬を口の中にふくみ、じっとしていなければなりません。それがすむと胃カメラです。実際始まるとあっというまに終わってしまいました。そのままベッドが運ばれてしばらくの間横になっているように指示があり、ふらつくこともなく終了しました。ドキドキするのは最初の数分だけで、あとはあっというまに終わり丁寧に話してもらえました。二年に一度くらいはチェックした方が良いということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*